MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

座間市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報




小屋裏換気について教えてください! 現在新築住宅を設計依頼中です。 建物は平屋の片流れ屋根です。 設計完了後、見積もりを取ったところかなりの予算オーバーで、減額箇所を検討してもらいなんとか予算内におさまったのですが、減額前の矩計図の中の屋根詳細図では軒先に「軒天金物」として軒裏に通気する金物が取り付けられていましたが、減額後の矩計図ではこれがなくなって軒先は「ガルバリウム鋼板巻き」と「破風板VP2塗装」とだけなっていて軒天金物が無く、軒先は塞がれているような図面でした。 減額後の図面では屋根の伏図の隣に 「小屋裏換気措置 天井面積(4.095×3.185)+(0.91×1.82)=14.96? 必要面積14.96×1/250=0.05? 存在面積(0.91×0.91×4%)×2=0.06? 0.06>0.05 ※OK」 と記載があります。これはどういう意味でしょうか? 減額前の図面にはこの計算式は記載がありませんでした。 通気する軒天金物はやはり必要なのでしょうか?
セキスイハイムのグランツーユー(+空気工房)で結露がでることがあります。部屋の湿度もこの季節の割にあまり下がりません。同じような方いますか?また解決法思い浮かぶ方いますか? こんにちは。セキスイハイムグランツーユー(+空気工房)に入居して1か月弱です。 空気質をうたっている商品だったので鼻炎や気道過敏性を持つ夫や子供たちのためにこの住宅を選びました。 30坪弱の平屋です。 福岡在住で比較的温暖な地方ですが1月入居でたまたま朝の冷え込みが強い日が数日続いたところ、子供たちがカーテン裏で遊んでいて「靴下が濡れた~」という声で結露の存在に気づきました。 最近の新築住宅はどちらかというと過乾燥と聞くので、換気システムが正常に起動しているならば本来結露はできないと思うのですが、サッシ(樹脂+アルミ複合)を中心に、特に冷え込んだ日はペアガラスの下層数センチに粒状の結露が出ていました。 セキスイハイムに相談したところ、最初は我々の生活環境に問題はないかと一般論で対抗されていましたが、 部屋干しはするもののこの季節、特にこれから花粉やPM2.5が問題になる時期はどこも同じでしょうし、家族構成も夫婦と幼児2人だけでご近所さんと大差ありません。洗濯物もだいたい1日2回ほどに分けて選択し、そう大量に干すことはありません。 暖房器具はエアコンかデロンギ(オイルヒーター)だけで水蒸気を発生しやすい燃焼系のものの使用はありません。 水槽、観葉植物もありません。 これらのことを一通りお伝えして空気工房の換気システムの不具合による換気量不足または熱交換・除湿ユニットの不具合ではないかと懸念して、今ハイム中央の空調専門の方へ相談をしていただいているところです。 今は洗濯物はあいている部屋で除湿機をかけたり、空気工房を除湿強モードにしたり、窓開けやたまにエアコンの除湿をかけたりと、世間では加湿器をかける冬とは思えない工夫で家がカビように思いつく限りの工夫をしています。 まあ、冷え込みが少ない日は結露は出ないのですが、過加湿状態なのではないかとこちらが敏感になっているところでもあります。 なんとか解決策はないかと模索中なのですが、グランツーユーにお住みで同様なお困りがあった方、機械の不具合を修理したら直ったなど何か解決策が見つかった方などなど、もしいらっしゃったら何かご意見をいただけると助かります。 よろしくお願いします。